【お礼とご報告】子宝整体と食育のコラボ「妊活スープ」楽しく開催できました!

無事に滞りなく楽しく「妊活スープ」開催できました!

整えて、動いて、食べるの順番でカラダの変化を味わう。

コンビニエンスなカラダ作りではなく、スープを仕込むように手間ひまかけるようなカラダ作り。

いまのうちから意識を変え、カラダを変えておく。

焦らず慌てずちゃんと仕込んでおく。

それも親の務め。

そんなことをお伝えしました。

何かしら伝わればいい。

何かしらのキッカケになればいい。

自分の中の伸びしろを信じて、今日を明日を前向きに生きようとしてくれたら。

参加してくださったみなさん、心からありがとうございました!

また企てます(笑)

当日は渋谷区全体のコミュニティ活性化イベント『渋谷おとなりサンデー』が開催されていて、「妊活スープ」もそこにエントリーしていたので、渋谷区広報の方が撮影に来てくれました。

たくさん写真を撮ってくれて、それも後日頂けるとのこと。
なんとも嬉しいプレゼント。

Change brings opportunity.

【動画】子宝整体ってどんなことするの?ちょっとだけ垣間見せましょう。

妊活と整体がなかなかイメージできない、繋がらないことと思います。無理もありません。

子宝整体はあたまと内臓を整えて、脳(あたま)と卵巣(内臓)とコミュニケーションをスムーズにすることで、ホルモン分泌を正常にしていきます。

ストレスで脳(下垂体)や内臓(子宮、卵巣、副腎)にダメージが与え続けられると本来のカラダの機能が低下してしまいます。
そういう状態で病院でのホルモン療法をしたとしてもなかなか良好な結果に繋がらないと思います。

まずは体の状態を子宝整体で良くしてから、病院での治療(処置)に進むのが理想ですね。

子宝整体は、手を優しく当てられて、不思議な心地よさがありますよ。

体の芯がギューっとこわばっていたのが、ゆるりとほどけていく感覚を味わえます。

ココロとカラダがホッとしますよ。

満員御礼で楽しく開催できました。

先日3月20日(祝)の「夫婦で楽しむ妊活ワークショップ」は無事に楽しく執り行われましたことをご報告申し上げます。

 

妊活ペアヨガはぎこちないながらも夫婦手に手をとり、相手を労わりながら懸命に取り組む姿に目頭が熱くなりました。

妊活食育レッスンでは、マニアックな小池先生の話に必死にメモとってましたね。目から鱗の話にどよめくシーンもたくさんありました。
値打ちあるお話聞けてよかったですね。

妊活アロマセラピーでは、アロマを手にとり優しい手を作り、照れながらも思いやりの言葉を相手に伝える姿に再び目頭を熱くしました。

2時間ちょっとの短い時間でしたが、濃密で心地よい時間と空間ができあがりました。

妊活という時間もあなたの人生です。
歩み方次第で良くも悪くもなります。
どうかかけがえのない命を育む妊活という時間を「楽しむ」姿勢を忘れないでください。

今回のワークショップが少しでも参加された方の心と身体に響いてくれたら嬉しい限りです。

というわけで、ワークショップの様子を動画に撮りましたので、少しお裾分け。
(お顔が映っている方へは許可をいただいております)

さて…

次回は、なんとみきじろう主導で5月21日(日)11時〜13時(予定)でワークショップやります。

裏方裏街道大好きなみきじろうがついに人前でなんかします(^.^)

お題 【おいしい妊活スープ召し上がれ(仮)】

妊活は無味乾燥で冷ややかなものではく、ましてや即効性を求めるものでもありません。

よい素材を揃えて、下味つけて、手間暇かけて、相手を想いながらゆっくりと時間をかけて、あったかく美味しくいただくスープのような妊活であってほしい。

そんな想いを込めた『妊活スープ』

キッチン付きの会場をご用意しました。
プロの先生をお招きします。
妊活lifeを楽しむクッキングです。
何を作るかは絶賛打合せ中(^.^)
日本妊活協会の仲間も再び講師として登場します。
妊活食育レッスン、子宝体操、そして今回お伝えしたい子宝整体についての話。

具だくさんのスープのように味わい深い内容になっております。

詳細は近日中にお知らせします。

参加人数は20人(夫婦だと10組、お一人様参加も大歓迎)

参加費用は未定(がんばります)

すでに参加したい、5月21日(日)の予定大丈夫な方は、今すぐみきじろうまでご連絡ください^ ^

今日はこの辺で

みきじろう

本日『夫妻で楽しむ妊活ワークショップ』開催です!

IMG_9470こんにちは。お久しぶりです。

Facebookページの子宝整体みきじろう整体は更新しているのですが、どういうわけかこちらの更新は滞りまして…

さて、本日は日本妊活協会の仲間も一緒にワークショップを開催します。

今回僕は裏方に徹しています。資料作成やペアヨガ用の動画作成などなどやることたくさんありましたが、楽しんでできました。

今回のワークショップのテーマは「楽しむ」ですから。

正しいは苦しいし、ひとりで頑張るのも苦しいです。

健やかな命の誕生を願う活動が苦しいなんて変です。

「楽しむ」は精神論でもなんでもなく、心と体だけでなく、周りの空間や時間も含めてとてつもなくエネルギーを高めてくれるのです。

楽しまないとモッタイナイ。

今日はその場にいるみんなで楽しみたいと思います。またシェアしますね。

参加できなかった方のために、昨日夜なべして作ったペアヨガ動画を特別にお披露目します。モデルは日本妊活協会の仲間の小林先生夫妻です。

【妊活ペアヨガシリーズ】

・山のポーズ

・ハートのポーズ

・座椅子

・愛の架け橋

今日も良い一日を

「不妊症かな?」と思い始めたら病院より整体です。その理由は?

こんにちは。
日本妊活協会会員
渋谷のみきじろう整体・代表 頼 幹二郎(らい みきじろう)です。

先日来られたクライアント様からお聞きした話。

その方はまだ結婚して一年ぐらい。子作りをしているけど、なかなかうまくいっていないとのこと。
年齢的にも30代後半に入っているので、心配になって婦人科クリニックへ検診へ行かれたそうです。不妊治療はじめてみようと思っていますとドクターに伝えたところ…

(ドクター) 「あなたはまだ子作りを始めて1年経過していないから、不妊治療はできません。」

(クライアントさん) 「え?」

気を取り直して、
(クライアントさん) 「せめて基礎体温をずっとつけているので見てもらえませんか?」

(ドクター) 「だめです。見せないでください」(断固拒否の態度)

(クライアントさん) 「………(無言)」

クライアント様は予想外の意外すぎるドクターの態度に驚きを隠せなかったそうです。

話すら聞いてくれない、基礎体温表も見ようともしないこのドクターの態度は、いかがなものか…とても残念な話です。
救いを求めている人に手を差し伸べる、耳を傾けることすらしないのは何故でしょうね…

さて、不妊症の定義は以下のようになります。
◆不妊(症) infertility, (sterility)
生殖年齢の男女が妊娠を希望し、一年間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。
(参照元:日本産婦人科学会のサイトより抜粋)

ここ最近、不妊症とみなす期間が2年から1年に変更になったそうです。
これだけでも単純に不妊症と診断される女性が倍になります。病院にも倍の人数が押し寄せてきます。
だから病院側として対応が倍になるわけですから、不妊症に当てはまらない人まで対応できないと言いたくなる理屈は分かります。
もういっぱいいっぱいなのでしょうね、病院側は…

先述のドクターの態度は個人的に問題あるにせよ、今後どんどん増えるであろう不妊症の恐れがある女性はとりあえずは病院に行きます。それしか、頭の中に選択肢がないのだから…

◎世の中の不妊症の常識 【不妊症⇒即、病院で不妊治療開始する】

この常識が浸透し過ぎています。

不妊症=妊娠できない病だからお医者様に治してもらわないといけない。

だから、なんの疑いもなく病院に行きます。そして、そのまま不妊治療へ突入するのです。

 

話が戻りますが、そのクライアント様にはこうお伝えしました。

「よかったですね。不妊治療はじめなくて。○○さんの場合は、まずはご自分の身体の状態を健康に整えることが先決です。だから整体からはじめて正解なんですよ。」

妊娠することをゴールにしてはいけない。

まずはこのことを声を大にしていいたい。

当院が所属する日本妊活協会の想いも同じです。

不妊症の人が妊娠したからといって、幸せになるわけではありません。産まれてくる赤ちゃん、そしてママが健康であることが最も大切で絶対にここのところを疎かにしてはいけません。

「産む前に、身体をちゃんと身体を整えておくこと!」

妊娠してから体質改善や生活習慣変えても遅いのですよ。

新しい命が安心して宿れる身体をまず最初に作っておくことが母の最初で最大の大仕事なのです。

だから不妊症と診断されたのだとしたら、あなたの身体は健康な赤ちゃんが産める状態ではないと判断したのだから「正常」な身体なのです。病気なんかではないのです。

 

では、健康な赤ちゃんが産める身体にするにはどうすればいいのか?

身体を整えるのです、整体で。

肩こりや腰痛だけが守備範囲ではないのですよ、整体は。

ホルモンバランスの乱れによる生理痛や生理不順は整体でよくなります。

ストレスや不安で疲弊した内臓(特に副腎)は整体でよくなります。

冷え性や便秘は子宮や卵巣にダメージを与えます。赤ちゃんの特等席である子宮環境を整体でよくすることができます。

吸収・解毒・排泄、そして生殖できるように身体の機能を活性させるのが整体です。

整体で身体を整えて赤ちゃんの特等席を今からちゃんと作りましょう。

不妊治療のために病院に行くのはそれからでも遅くはありませんよ。

 

 

 

整体師目線で不妊症の方の身体をどう観ているのか?

いつも当院のコラムを読んでいただきありがとうございます。

渋谷と表参道の合間で小さな整体院を営んでおります、
不妊専門の整体【渋谷のみきじろう整体】の頼 幹二郎(らい みきじろう)です。

今回は整体師目線で不妊症で悩む人たちの身体をどう観ているのかを書いていきたいと思います。

まず不妊症へ方への関わり方は、病院の領域と我々整体師の領域(医師以外の治療家と呼ばれる人々)でまったく違います。

病院では、整体師でできないことをやってくれます。だから病院に行くことも大事です。
・検査・・・血液検査や超音波検査やAMH検査(卵子数の予測)などで不妊の原因を探る
・ホンモン剤・・・排卵を誘発する
・身体の内部の治療・・・子宮内膜症や炎症、卵管癒着などを治療
・人工授精や体外受精や顕微受精

このあたりは整体師がどうしてもできない領域です。日本の不妊治療の技術は日々進化していて、世界でもかなりレベルが高いと言われています。

でも、現実は病院での不妊治療の成功率(妊娠率)は決して高くありません。
10〜20%だと言われています。(病院での不妊治療の話はまた別の機会に書きます)

病院では、「治療」というよりは「処置」に近い作業だと感じています。
画像や数値で全てを判断され、薬やホルモン剤を使用し、次のステップとして、精子を子宮に注入したり、卵を採って育てたり…

良い悪いではなく、作業が決まっていて淡々と流れいくような感じ。
実際不妊治療を受けている方からそのような感想を聞きます。

身体を診てもらっている印象はないと言います。

では、整体師は不妊症の方をどう観ているのでしょうか?

我々徒手治療家(整体師・鍼灸師・カイロプラクティックなど)は手であなたの身体を観ます。感じます。

見えるところと見えないところにアプローチします。

【見えるところ】
身体の歪み・・・子宮が収まっている骨盤が歪んでいないか、二本足でちゃんと立てているのか、体幹の強さやしなやかさがあるのか、脳が収まっている頭蓋骨が捻れていないか、ちゃんと基本的な動作はできるのか?(しゃがんだり、前屈したり、身体を捻ったり)

身体の歪みは健全な妊娠に大いに悪影響を及ぼします。数十年使い続けた身体にはその人の「動きの履歴」が染み付いています。歪んだままの身体の人はひどいつわりや難産にもなりやすいと感じています。

【見えないところ】
内臓の状態・・・子宮の機能を高めるためには、他の内臓も全てうまく機能している必要があります。子宮は骨盤の一番下に収まっています。他の臓器(肝臓や胃や腸など)の機能が低下して重くなることで、子宮が骨盤の底に歪んだ状態で押し込められてしまい、子宮の働きが発揮できなくなるのです。だから、内臓の重さやエネルギー(見えませんが感じられます)やポジションを手を使って整えます。

体液の状態・・・脳から脊髄を通って身体の中心を流れる脳脊髄液の流れを感じます。これが頭蓋骨に手を使って10円玉一個分の弱い圧をかけることで調整ができます。人の身体の70%が水と言われています。身体の中は高度な水圧システムで機能しているので、身体の機能を高めるためには脳脊髄液の流れをスムーズにすることが大事です。体液には血液やリンパ液なども含みますが、脳脊髄液の流れがとても重要なのです。

ストレス・・・ここが一番大事だと思いますが、ほとんどの病院ではスルーされているのではないでしょうか?患者でごった返している中でストレスのケアまで手が回らないのが現状だと思います。でもこのストレスこそが不妊症の方を悩ませている大きな問題なのです。
ストレスにさらされた人の身体は固いです。お腹もかたい。目力も弱く、光がない感じ。先ほどの体液の流れもよくない。そしてエネルギーの流れが滞っています。

これ、機械では絶対に測れないものばかりです。数値化できないもの。

我々徒手治療家はこれをなんとかしようとしています。

あなたが妊娠できない「なにか」を手を使って感じとり、よりよい方向へと導きます。
施術を受けることで、あなたはあなたの身体を感じることができます。数値に囚われることなく体感するのです。熱を感じたり、身体の中の流れるなにかを感じたり、ふくらんだりゆるんだりを感じだり…

自分自身を感じること

身体は絶えず生きているのだと感じること

あなた自身をあなたが感じることで生命が吹き返し、新たな生命が芽生える準備を始めるのです。

整体師の「手」はそのお手伝いができるのだと信じています。

141003_140

あなたは不妊ではない。「未任」なだけです。
未来のママになる準備に向けてできることを…
あなたの人生は今もこうしてずっと続いている…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆不妊症でお悩みの方
☆生理痛・PMSでお悩みの方
☆婦人科疾患でお悩みの方

ひとりで悩まずお気軽にご相談ください。

⭐️整体師みきじろう 直接メール⭐️
↓ ↓ ↓
mikijiro.rai@gmail.com

⭐️ホームページ⭐️
↓ ↓ ↓
http://www.funinseitai-shibuya.com/

⭐️妊娠体質に変わる整体を体感してほしい想いでご用意しました。
↓ ↓ ↓
otameshi1

⭐️不妊専門 渋谷|みきじろう整体への連絡先
電話番号 03−6805-1079

mail-yoyaku